移動販売車・キッチンカー製作・選びのポイント

移動販売車購入は、移動販売独立開業の流れの中で、1番大きな投資になります。
この大きな投資をする前に、できるだけ多くの情報を収集して判断の材料を増やしてください。

 
「移動販売車をどこでどうやって手に入れるか?」が、

ほんとうにその後の移動販売ライフを大きく左右する。
とますます感じるようになりました。

ホームページからは、なかなか伝わりにくい情報なんじゃないかな〜というのが実感です。

あたりまえといえばあたりまえですが、ホームページ上で検索エンジン上強いところが
業界内で評判のいいところというわけではありません。

もちろん、価格の高い安いだけでは判断ができなくて、
すごく安く打ち出しているけれども、モノもそれ以上(以下)にひどかったり、
価格が高いから良いのか?・・というとそうでもなかったり、
何が適正で、どこが価格相応なのか?は、

ほんとうは売る側の打ち出し、よりは
やっぱり移動販売を生きている中の人たちの評価を聞いてほしいなと思います。
 
そして、どこで移動販売車を手に入れるか?は、
 
実は「販売車」そのものだけの問題ではなくて、その後のライフを大きく左右する。
営業場所、、という問題にも少なからず関わってきてしまうんだな〜というのが最近強く感じること。

その車屋さんが業界内のどの辺の人たちとつながりが深いかは、
開業後の営業場所獲得という部分に大きな影響を与えます。

その先のつながりを持っている業者さんと、もっていない業者さんがいますが、これはその後の「立ち上げ」ということを考えるととても大切なポイントです。
 
車やさんや、FC本部なんかで開業相談をすると、
「場所??大丈夫大丈夫。〇〇紹介してあげるから」
の類の話になりますが、

全然大丈夫じゃなかった人たちからの相談が後を絶たない。
 
ほんとうは、その投資をしてしまう前に来てほしかった。。

販売車を買っただけで開業ができるわけではありません。

追加のカスタマイズはないでしょうか?
車の装飾はどうしましょう?
その車に車検はついているでしょうか?
仕込み場所のいるアイテムではないでしょうか?
立ち上がるまでの生活費は大丈夫でしょうか?
営業場所って斡旋業者さんを紹介されただけではありませんか?

その営業場所はほんとうに「生きてる」出店場所ですか?


大きな投資をした後、これらに対応するために、予定の運転資金を減らすことはないでしょうか?

カツカツで開業をし、数ヶ月で行き詰って廃業、または、1日も店を開けることなく辞めていった方。。。。

その後残ったものは。。。


そんなことがあってはなりません。


移動販売はとっても小さな商売です。これだけでぼろ儲けをすることは難しいでしょう。

でも、楽しさや喜びがいっぱい詰まった商売です。

この世界を誇りを持って活き活きと生きてる方々がたくさんいます。そのよさを全く感じることなく辞めていかれる方がいるのは悲しすぎます。


辞めてから、誰かを恨んでも何も返ってきません。

すべての前に適正で有益な情報を収集してください。
そして開業後は、分かち合え、励ましあえる仲間や同志を見つけてください。

私がまず、1番先のポイントとしてあげたいのはそこです。

アイドゥネットは、移動販売車・キッチンカーについても、ご希望であればつなぐ、、

ということはできますが、どこかの移動販売車業者さんと独占的な提携をしたり、自らが「移動販売車を売る」ということはしてきませんでした。これからもそれはないでしょう。

一番大きな投資のある部分。。そこに一番大きな利益の源泉。。があることはわかっているのですが、、、

それをしてしまえは、「開業させたほうが得(儲かる)」という状態を自らに作り出してしまうからです。

そうなれば、ありのままの適正な情報。。という根幹の部分が揺らいでしまいます。

自らをハードの部分から切り離し、ソフトに特化することで、この部分に対しても適正な情報を配信したり、業界内で評判の良い業者さんをつなぐということもできるのではないかと思います。

移動販売車業者さんもそれぞれ特徴があります。
得意な型とか、どこまでキッチリ作るとか、予算の問題とか。。

それが、ネット上の情報からは見えにくいんじゃないかと感じています。

自分がやりたいアイテムや形態によって、実際どんな車が使いやすいのか??は違います。
同じくらいの価格であっても、実際の現場で見てみると、「なかみは全然違うな」ということも多いです。

よりダイレクトな声を聞きたい、という皆様は、
できれば、すべての前に、、「移動販売リアル体験ゼミ」などで、
「生きた移動販売車についての多角的な生の声」を聞くのがよいと思いますが、

この問題だけは、大きな投資、や、契約、をする「前」に来てほしいというのが本音です。
 
「使える」移動販売車について適正な知識や知恵を必要としている、
移動販売車を選ぶポイントを知りたい、
インターネットではどこの業者さんが良いのか判断がつかない、
 
などの情報をお急ぎで必要とされている方々は、

移動販売車体験会などの場をもうけておりますので、

お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。
 
体験ゼミのような総括的な話まではできませんが、
実際の生きているキッチンカーを前に、キッチンカーズを生きている立場から、

キッチンカー、移動販売車を選ぶポイントなどを分かち合っています。
 

とにかく、アイドゥに聞く聞かないは関係なく、現場で使っている移動販売たちの中にリアルな情報や知恵があります。
 
その知恵にはぜひ、大きな投資をする前に触れてほしいと思います。
 
 
コチラのページでもいくつか移動販売車・キッチンカー選び製作のポイントなど書いてみましたのでご参照くださいませ。

 
 
※大きな投資をする前に移動販売車体験会をご希望の皆様はこちらお問い合わせフォームより、
移動販売車体験会希望」の旨を記していただきお気軽にご連絡ください。生きている現場で分かち合いましょう。

移動販売車・キッチンカー業者さん選びのポイント

 

移動販売車・キッチンカーの入手方法には、

原車を購入して、自分でカスタマイズする。

原車を購入して、カスタマイズを業者に依頼する。

原車からカスタマイズまでを業者に一括して依頼する。

移動販売中古車を業者、オークションなどで購入する。

という4種の方法があります。

自分がやろうとしているアイテムや商売の大きさ、コンセプト、開業時期などを考慮して、自身に適した方法で、納得いく移動販売車を作ってください。


○移動販売車製作を依頼するポイント

移動販売開業の工程で、圧倒的に大きな投資になるのが移動販売車製作と購入です。
移動販売車製作をどこに頼むか?どこまで頼むか?は移動販売開業の大きなポイントになります。

インターネットで検索をすると、安く作ってくれるところ、しっかり作ってくれるところ、かわいく作ってくれるところ。いろいろな業者さんが出てくると思います。

それぞれに得意としている販売車タイプがあります。

価格もまちまちですが、移動販売車の場合、価格だけを重視し相見積もりをとって安いところに頼む、という方法はお勧めしません。

同じ価格でも、どこまでしっかり作るか?どこまでアフターフォローをしているか?
は、今のところ基準がないのが移動販売業界の現状です。

完成した移動販売車の価格相場というものは作られてきたものの、その中身は大きな幅があります。

大切なのは、実際の品質やフォローと価格のバランスですので、相見積もりをとって安いところに決めてしまうのではなく、実際に作った移動販売車を見て、その業者さんの実績を確かめ、話してみて、これからライフのかけがえのない相棒となる販売車製作を依頼してください。

信頼関係で結ばれた業者さんでの移動販売車製作は、開業後、追加のカスタマイズ、修理、車検などにもつながる関係です。
交渉する。というスタンスよりは、相談しながら一緒に作っていく。という関係をつくるとよいと思います。




適した移動販売車・キッチンカーは営業スタイルによって、、

営業スタイルによって適した移動販売車があります。

どのようなタイプの移動販売車が自分に適しているかは、自店が生きていきたい移動販売の営業スタイルや、選んだアイテムなどによって変わります。

日々の商いの中でコツコツとお客さんとの関係をつないでいきたい移動販売と、イベントでも大きく稼ぎたい移動販売では適したクルマが違います。

ここでは代表的な3タイプと、どのタイプがどのような移動販売に向いているのかを紹介します。


軽ワゴンタイプ ・・・もっとも低価格で購入でき、小回りがきき、お客さんとの距離が近いのが魅力です。スペースが狭く、調理スペースも限られるので、大きなイベントでも稼ぎたいという移動販売には向きませんが、日々お客さんとの関係をつないでいく移動販売に適しています。


軽ボックスタイプ ・・・軽トラックのベース車に調理販売のできるボックスを載せたタイプです。ベースは軽自動車ですが、このタイプですと、アイテムによりある程度のイベントでも対応ができます。自動車部分とボックス部分が別れている作りのものは、ベース車が傷んでも、ボックスを載せかえればよい、という利点があります。



普通車バントラックタイプ ・・・ここまで大きくなると、車内に業務用のコールドテーブルや大掛かりな調理機材なども積め、水を大量に使わない限り、移動販売車内で本格的な調理をすることも可能です。小さなスペースには停められないため、日々の商いの中では持て余してしまうこともありますが、イベントでも大きく稼ぎたい移動販売に向いています。


どのタイプの移動販売車で開業するかは、

通常出店でコツコツお客さんとの関係をつないでいく商いをしていきたいのか?

イベントでも大きく稼ぐ商いをしていきたいのか?

ある程度自店の出店スタイルを決めてしまいますので、まず、自分がどんな移動販売ライフを送っていきたいのかを明快に思い描いて、自店に適した移動販売車・キッチンカーを選んでくださいね。



移動販売車・キッチンカーも健康第一

現場を生きていると、移動販売車・キッチンカーも人と同じ、健康第一と感じます。

人も車も体を壊してして、現場に行けなくなってしまったら、その日の売り上げがゼロなってしまうだけでなく、信用を失ってしまうこともあります。

移動販売を始めてみると、自身の健康と同時に、移動販売車も「健康体」であることがいかに大切かを実感します。

開業前の移動販売選びでは、

価格や、可愛い外装などに強く魅力を感じてしまいがちですが、

 

開業して、実際に移動販売キッチンカーズを生きてみて痛切に感じるのは、車本体の健康状態がいかに大切であるかということ。

実際、車の調子が悪い時は、

今週末のあの現場は行けるのか?

少し遠い場所の依頼は受けられるのか?穴は空けられないし、、、

など不安が絶えません。

キッチンカーズにとって、いつ止まるかいつオーバーヒートするかわからない販売車で営業を続けるということは、本人が健康不安を抱えながら営業を続けていることと同じです。

移動販売車は、お店として現場まで走って行って、

 

 

「稼ぐ」ための車。

 


10万円安く買っても、すぐに故障してしまう車であれば「稼ぎを失う」ということ。

故障で1週間も現場を休んだら、たとえ10万円高くてもエンジン状態のいい販売車で営業を続けていたら10万は稼げてしまえた。ということです。

このようなことが日常的に起こっているのが移動販売キッチンカーズの現場です。

走行距離は目安にすぎず、この目利きは私を含め素人には難しいので、やはりどこで移動販売車を製作、購入するかは、大切なポイントになります。

エンジンの健康状態まで考えている業者さん。

見た目だけを重視して車の健康状態は全く考慮しない業者さん。

故障時のアフターフォローをしてくれる業者さん。

カスタマイズカーなので納車後はノークレームでということで売りっぱなしの業者さん。

 

様々です。

移動販売で毎日お店を開け続けることは、毎日そのお店で走り続けること。

大切な相棒となる1台を選んでください。


移動販売車・キッチンカーを自作するとしたら、、


自分の世界を移動販売車製作の段階から思うように表現したい、という方は現車を購入して自分でカスタマイズするのもいいと思います。

自分で移動販売車を製作することのメリットはやはり安いということ。
そして、開業後に変更がしやすい、というのも自分で作ることの良さになります。

はじめから十分に使いやすい100点の販売車はできませんので、まずは作って営業してみる。
そして、実際に使ってみてから少しづつより使いやすいように改良を加えていく、というのはとても移動販売的な方法です。

自身の成長に合わせて移動販売車も使いやすいように育てていくことができます。

大掛かりな改造は自分ではできないことが多いと思いますので、専門的なところは専門業者に頼んで、内装をカスタマイズしてみるのもいいでしょう。

どこの地区でも共通する自作する時のポイントは、

給水タンク、排水タンクの容量は基準を満たしているか?
運転席と調理販売する場は壁でしっかりと別れているか?
シンクの数は基準を満たしているか?
換気設備があるのか?
などです。

細かい基準は管轄の保健所によって違いますので、カスタマイズにはいる前に、営業許可を受ける地区の保健所に相談してください。

留意点としては、
いくら安くつくったとしても、あまりにクオリティーが低い移動販売車は、出店場所を獲得する営業活動をはじめ、その後の移動販売ビジネスやライフに影響を及ぼします。

出店場所を貸す側がどのような移動販売車だったら来てもらいたいか?
出店を依頼する業者側がどのような移動販売車に仕事を頼みたいか?
に思いを巡らせ、「商売で活きる」移動販売車を製作してください。